合宿リポート

2019.08.11ガールズサマーキャンプ2019 第2ターム 8月10日 Day4 リポート

ついに最終日をむかえましたガールズサマーキャンプ2019

最終日は午前中だけと短い時間でしたが、その短い時間をしっかり集中して練習していました。

今回のサマーキャンプに参加された皆さんに、この4日間の経験が今後の自転車競技生活につながっていくことを願っています。

 

Aチーム

333バンクで練習。フライングスタートの練習から、スタンディングスタートの練習、そして最後に500mタイムトライアルのテストを行いました。

Aチーム セバスチャン・ノータンコーチ

「彼女たちに一番伝えたいことはまずは自分を信じること。自転車競技はとても難しいですし、つらいし、毎日が違う経験だと思います。けど、これからも続けてほしいと思います。とてもハードだけど、カッコいいスポーツなので、そういうことを伝えたかったことです」

 

Bチーム

JKA400バンクで練習。フライング200mと最後に500mタイムトライアルを行いました。

Bチーム 沼部早紀子コーチ

4日間、暑い中、皆よく頑張ってくれました。本当に日に日に上手くなっていきましたし、あと色んなトレーニングや色んなコーチからアドバイスをもらって、他の人の走りを見て勉強になったと思います。これを地元に持ち帰って、もっと強くなろうということを意識してほしいです。ガールズサマーキャンプが10回目になりますが、私は1回目に参加しましたが、あの時はもう全国からやっとかき集めてやったキャンプでしたが、今これだけ1回に100人近く女子が集まる環境はいいと思うし、ポテンシャルがすごくある選手たちなので、それを伸ばすには女子同士で練習する環境は大切だと思うので、今後もどんどんこういうキャンプを開いて、女子選手の普及につとめていきたいと思います。今回、皆すごく頑張りました」

Cチーム

CSC400バンクで練習。フライングの練習と500mを計測しました。

Cチーム 野田尚宏コーチ

「無事故で終わったことが一番大きいですね。それと、何かを学びたい、何かを掴みたいという意識が高い子が今回は多かったので、地元に帰っても頑張って欲しいですね」

★昼ご飯。

 

昼食後にAチーム、Cチームが参加者へ修了証を授与。

★閉講式

 

★参加者コメント

・生駒昭音さん

「今回はインターハイのすぐ後で大変だったけど、普段一緒に練習できない仲間とも練習できていい経験になったし、コーチもいい先生ばかりで、自分のためになった4日間だと思います」

・谷口法子さん

「最後に500mを計ったんですけども、スタンディングを教えてもらったりして、少しは早くなったかなと思います」

・宮本杏夏さん

「インターハイの疲れはあったけど、皆と楽しくできたし、普段できないような技術的なことを練習できたことが身になったと思います」

・山本茉歩さん

「皆と一緒に練習できて楽しかったです」

・枝光美奈さん

「今回初めて参加したんですけど、ピスト自体があんまり乗ったことがなかったので基礎的なことを学べてよかったです。あと年齢に関係なく教え合えたのがよかったです」

・田上萌々子さん

「最終日は疲労がたまったていたし、500mはちょっと長い距離できつかったです。今回は基礎という感じで、説明もまじえて学べたのでとても有意義な時間でした」

・藤井美穂さん

「第1タームからきっちり練習してきました。本数は少ないけど、11本全力で出し切ると疲れるねって皆で言いながら、すぐに寝てました。本当にいい練習が今回できたなって思います」

・山本さくらさん

「今回初だったんですけど、色んな県の友達ができたし、色々と勉強できてよかったです」

・佐藤ゆらなさん

「足をケガしていたんですけど、トレーナーさんが冷やしてくれたり、テープを張ってくれたりしてくれたので、全部出し切れてやれたので、トレーナーさんに感謝です」

・恵衣咲さん

「また自分はしてなかったことをいっぱい体験できて楽しかったし、他の子たちにも出会えてとても楽しかったです」

お問い合わせ

お手紙でのお問い合わせ 〒410-2402 静岡県伊豆市大野1827
ガールズサマーキャンプ2019 事務局
電話によるお問い合わせ等 TEL:090-1268-3181
メールによるお問い合わせ camp2019@girlskeirin.com もしくは右記よりお問い合わせ下さい
主催 公益財団法人 JKA、公益財団法人日本自転車競技連盟(JCF)
協力 一般財団法人 日本サイクルスポーツセンター、日本競輪選手養成所(JIK)

フォームからお問い合わせの方はこちら

お返事までにお時間を頂く場合がございます。
予めご了承下さい。