合宿リポート

2013.08.17ガールズサマーキャンプ2013 8月16日リポート

 ついに最終日となったガールズサマーキャンプ2013。最後まで参加者たちは元気に過ごしました。

20130816C1.JPG
●一日の元気の源になる朝食


 最後になった各教場のトレーニング。

 Aは、フライングダッシュのチームスプリントなど。


20130816C2.JPG
●ますはフライングダッシュで1周

20130816C3.JPG
●きれいに並んでチームスプリント

20130816C4.JPG
●そこから1周して、第1走が離れる

 Bは、パワートレーニング。

20130816C5.JPG
●ウォーミングアップの周回

20130816C6.JPG
●周回の締めのフライングダッシュ

20130816C7.JPG
●練習に参加する競輪学校生の小川美咲さん

20130816C8.JPG
●休憩中

Cは、ウォーミングアップのあと、登坂に挑戦しました。

20130816C9.JPG
●登坂場から自転車を運ぶトラックで一緒に運ばれる年下組(笑)

20130816C10.JPG
●6日間お世話になった400バンクに礼

20130816C11.JPG
●コーチからCの皆にひと言

 6日間を振り返り、コーチから

A教場の佐々木ヘッドコーチ
「皆が頑張ってくれました。本当に皆が頑張り屋で、1年前にあった生徒が4、5人いたんですけど、それが皆成長していたなっていう、それが自分の楽しみですね。また、来年もまた参加して、皆の成長ぶりを見たいですね」

B教場の加藤ヘッドコーチ
「初期の目的は80%達成できたかなって思います。乗り方や力の入れ方、基本の基だけど、何とか伝わったかなと思います。この経験を持ち帰ってもらって、練習をつんでほしいなと思っています。皆、素直なので、それを活かしていけば、伸びてくれるんじゃないかと思います」

C教場の大川ヘッドコーチ
「5泊6日ずっと天気に恵まれて、いい天気になったと思います。中学1年生から23歳まで、幅広い年齢層いたんですけど、楽しく、一丸になって練習できたかなと思います。最後の登坂では、ちょっと登れない子もいたけど、それを皆で本当に大きな声で応援していました。本当に楽しい6日間になって、夏のいい思い出になったんじゃないかなと思います」

皆で最後のご飯になる昼食。
20130816C12.JPG
●昼食のメニュー

20130816C13.JPG

20130816C14.JPG

20130816C15.JPG

20130816C16.JPG

20130816C17.JPG

20130816C18.JPG
●皆で楽しくご飯

20130816C19.JPG
●ミーティング。各教場のコーチ陣が壇上に並ぶ

 

 ガールズサマーキャンプに参加してどうでしたか?

平井杏奈さん
「(ケガで)自転車には乗れなかったけど、色んなトレーニングも教えてもらったし、自転車の踏み方とか色んなことを教えてもらったので、とてもためになりました」

内藤ななみさん
「こんな長期間で合宿することはないので、いい機会になりました。楽しかったです」

元砂七夕美さん
「すごくいい練習になって、いい体験ができたので、次もまた来たいなって思います」

岡本二菜さん
「今回は初めてで、慣れないこともあったけど、皆優しくしてくれたし、楽しかったです。色んな人と仲良くなれたし、よかったです。これからも頑張りたいと思います」

谷江千歳さん
「楽しかったです。自分の目指していたところに近くいけて、香川に帰っても頑張りたいです」

満生歩夢さん
「めっちゃ楽しかったです。スタンディングもコーチから色々アドバイスをもらって勉強になりました。また来年も来たいです」

増渕綾乃さん
「最後の練習で周回を2回やったんですけど、最初の頃よりすごいスムーズになったので、楽しくできました」

寺田有希さん
「ヴェロドロームで落車したんですけど、色んな人からのサポートで頑張れて、走ることができたので、周りの人に感謝しています。」

神田美里さん
「最初は6日間は長いかなって思ったけど、とても楽しくて、勉強になりました。ありがとうございます」

吉田栞里さん
「登坂にいったんですけど、半分までいったけど、そこがきつくて登れませんでした」

高橋智香さん
「長いかなと思っていたけど、あっという間で楽しかったです」

鈴木彩夏さん
「タイムを縮めるのが目標だったので、5秒縮まったので嬉しかったです。一番嬉しかったのは、ここで色んな県の友達ができたのが嬉しかったです」

東口純さん
「本当に楽しかったです。普段は、こんなに毎日自転車に乗れる機会がないので、こういう環境で自転車に乗れたのは幸せだなって思います」

藤野夏季さん
「最初は仲良くなれるか不安だったんですけど、皆、仲良くしてもらったんですごい良かったです。自転車にやっと慣れてきた感じでした。初めて乗る子でも上手い子は上手いし、乗っている子は上手いし、その狭間だったので。今後のことはしっかり考えて、(競輪学校を)受けるなら受けるで、しっかり頑張りたいと思います」

2013.08.16ガールズサマーキャンプ2013 8月15日リポート

20130815C12.JPG                                                                                                            早いもので、もう5日目が過ぎてしまいました。疲れているけど、1日中練習できるのは5日目までだし、しっかりやろうという気持ちで参加者の皆、今日も一日頑張りました。5日目を朝から振り返りリポートです。

 

 

20130815C1.JPG

●朝食のメニュー

 

午前中の練習メニュー。Aグループは200m×2回、3人制スプリント2周競走×3回

20130815C2.JPG

●ウォーミングアップからAは気合いが入っている

 

20130815C3.JPG

●3人ずつ駆けおろしてくる

 

 

Bグループはベロドロームで、パワートレーニング。ウォーミングアップ、FS100m×2回、SS400×2回×2セット、そしてクーリングダウン。

 

20130815C4.JPG

●ウォーミングアップ

 

20130815C5.JPG

●ドームを周回

 

 

 Cグループは、FD200m、SS400m、出来る子は1000mTTのタイム測定を行いました。

 

20130815C6.JPG

●フライングダッシュ200m

 

20130815C7.JPG

●1000mTT

 

20130815C8.JPG

●スタンディング400m

 

 

20130815C9.JPG

●昼食(冷し中華がメイン)

 

 

 午後の講義では元バレーボール日本代表・Vリーグ岡山シーガールズの栗原恵選手のお話を聞くことができました。

 栗原選手が教室に入ってきた瞬間、女の子たちからは大歓声。

 栗原選手への質問で「どうしたら大きくなれますか?」というのがありましたが、栗原さんの答えは「小さい頃は牛乳をずっと飲んで、よく寝る子でした。栄養と睡眠が大事ですね」だそうです。

 アスリートの先輩として「競技が好きって気持ちを大事にして、頑張ってください」とエールが送られました。

 

20130815C10.JPG

●栗原さんが登場した瞬間、キャーと大騒ぎ

 

20130815C11.JPG

●栗原さんの高校時代からの友達でライバルの重光啓代選手(ガールズケイリン女子1回生102期)も登場

 

20130815C12.JPG

●集合写真

 

 

 午後の練習は、Aグループがベロドロームで、周回やST250m、500mが行われました。

 

20130815C13.JPG

●スピードある走り

 

Bグループはタイムアタックを計測

 

20130815C14.JPG

●全力でタイムに挑みます

 

 Cグループは、再チャレンジャーによるタイム計測が行われていました。

 

20130815C15.JPG

●本番と同じところからスタート

 

20130815C16.JPG

●1000mTT、伴走の玉木コーチ(…がコーチがちょっと本気で走って、千切ってました(笑))

 

 

20130815C17.JPG

●夕食(最後の晩餐にはロールケーキがついてました)

 

 

20130815C18.JPG

●キャンプ恒例のビンゴ大会

 

 

20130815C19.JPG

●Cグループのミーティング(自己記録を出した生徒にはアイス、で、見後に全員がクリア!)

 

 

 コーチ陣からの5日目総括

★A教場の佐々木ヘッドコーチ

「今日はヴェロドロームで練習したのですが、初めての子もいたので、落車が心配だったんですけど、皆上手く乗れてよかったです。最初はちょっと強張っていたんですけど、後半は上手く駆けていたので、さすがA教場だなと思いました。午前もけっこうきつめのメニューをやったんですけど、その中で競輪競走に似たような予選、準決勝、決勝とやって、結果的に鈴木(奈央)が優勝しました。明日まで無事で終わるようにしたいと思っています」

★B教場の加藤ヘッドコーチ

「短期間でしたが、完璧とまでは言わないけどだいぶ揃ってきたし、基礎的なことがある程度は伝わったと思います。明日は半日なんで最後のトライをしてもらいたいと思います。今日の走りを見ると、皆努力してくれたなって思います」

★C教場の大川ヘッドコーチ

「Cは自転車を楽しんでもらうのが目的なので、中学生や高校一年生らの子がメインでやっていますから、その子たいが笑顔で乗ってくれるようになったのがよかったなと思います。最初はおっかなびっくりだったのが、かなり乗れるようになってくれて、笑顔で乗ってくれているので、それが自分たちの一番の収穫です。競輪学校を目指している子は今の自分の力を把握してもらえたと思うので、また目標に頑張ってもらえればいいなと思います」

 

 

 

 各教場のトレーナー紹介

★A教場の渋谷さん

20130815C20.JPG

「Aはストイックというか、口ではだめだって言うんだけど、自転車に乗ると豹変するんですよね。ライバルを意識して、アップからスピードをあげて競走になっているので、あのレベルになるとアスリートの血というか、ライバル心をもって切磋琢磨して高め合っているところが、純粋にすてきだなと思います。きっと日本代表だったり、ガールズでも活躍する子が出てくると思いますが、色んな方に支えられ、いい環境を作ってもらっているので、トレーナの立場として心と身体を大切にして欲しいです。今回学んだことを大切に、自己管理を大切にしてください。自己管理ができるようになると、パフォーマンスも上がってくるので、この環境を活かしてくれたら嬉しいです」

 

★B教場の川田さん

20130815C21.JPG

「Bは騒ぐ子が多く、自転車のレベルは上から下まで広いんですよ。それを合わせるところまではなりきらなかった部分はあったけど、それでも楽しくやれていたのかなと思います。落車はあったけど、そんなに大きなケガじゃなかったし、皆は痛いって言っても筋肉痛程度だったので、私的にはその面はよかったけど、皆のテンションについていくのが大変でした(笑)。強い選手になるには、まず自分のことをしっかりできるように、自己管理をしっかりして、楽しむ時は楽しんで、やる時はやる、けじめのつけられる大人になってください」

 

★C教場の内山さん

20130815C22.JPG

「Cは和気あいあいとしていて、明るいですね。ムードメーカーの子が上手く引っ張っていってくれている感じです。ケガも熱中症もなかったので、それが何より一番ですね。今回の中にも競輪学校を受ける子がいるので、目標に向けて頑張ってほしいです。また、それ以外の子も楽しさを見つけて自転車を続けて欲しいですね」

 

 

 

メカニック

★森さん

20130815C23.JPG

「今年は募集人数も多かったと聞きます。それは1期、2期が今頑張っているから、それを見て憧れて、ガールズケイリンを目指している子が増えたんだと思います。それも嬉しいですね。今回生は目的意識がはっきりしているのか、騒ぐ子もなく、学ぼうとしている子が多いように思えました」

★鬼原さん

20130815C24.JPG

「楽しくやっているのがいいですね。しかも、一生懸命やっているのが伝わってくるのが、さらにいいですね」

 

 

 

 5日目はどうでしたか?

◆八木梓さん「ベロドロームを走って怖かったけど、進む感じが楽しかったです」

◆今川小雪「今日も楽しかったです。ベロドロームを走ったのは初体験で楽しかったです」

◆石塚優里さん「ベロドロームを走ったんですけど、自分が思ったよりも早く走らないといけないというのがわかりました。午後はタイムを計ったんですけど、他の人の強さもわかったし、もっと自分も強くならなきゃいけないと思ったので、しっかり練習して、またここに来てみたいです」

◆増渕綾乃「今日はタイムを測ったけど、いい感じで駆けられました。午後はベロドロームに行ったんですけど、すごい貴重な体験をさせてもらったので、すごい楽しかったです」

◆伊東小紅さん「今日はベロドロームを走って駆けおろしとかやって怖かったですけど、普段、めったに走れないので楽しかったです」

◆三谷咲月さん「バンクに滅多に乗れないので、疲れていたけど400mと1000mのタイムに挑戦しました」

 

 

 

 練習だけでなく、宿舎の生活も変わってきています。

 最初は脱ぎ散らかしっぱなしだったスリッパがきれいに片付けられるようになったり、こまめに電気を消すようになったり、あいさつの声が大きくなったりしました。

 そんな楽しかったガールズサマーキャンプも明日が最終日。最後までケガなく、楽しく終わりたいですね。

 

2013.08.15ガールズサマーキャンプ2013  8月14日リポート

 3日目から4日目が一番疲れが出るとコーチ陣の言う通り、朝からちょっと疲労の色が出ていた参加者たち。でも、乗車フォームやスキルには格段の進化が見られました。

 

 朝食。「眠~い」と言いながら朝食の列に並ぶ子がかなりいました。やはり疲れが出ているのでしょう。

 

20130814C1.JPG

●朝食のメニュー。今回初のパンでした

 

20130814C2.JPG

●これが今回のキャンプの食事メニュー表

 

 

 午前の練習メニュー紹介。Aはリカバリーの軽いロード練習。

 

20130814C3.JPG

●ロードに向かうAたち

 

 Bはポテンシャルトレーニング、ウォーミングアップ、FS100m×2回、FS600×2回×2セット、そしてクーリングダウン。

 

20130814C4.JPG

●フライングで駆けおろしてきて、600mを走るところ

 

 Cはフライングダッシュの練習。

 

20130814C5.JPG

●ウォーミングアップ中

 

20130814C6.JPG

●今回初めてピストの乗った子がコーナーを一気に駆けています

 

 

20130814C7.JPG

●昼食のメニュー。昼食が一番量が多く、食べ終わって「お腹がいっぱい過ぎて苦しい」という子も多いです

 

 

 女性アスリートのセルフマネジメントプログラム開発プロジェクト専門委員の佃文子(びわこ成蹊スポーツ大学)による『女子アスリートのためのコンディショニング』の講義が行われました。女子選手には避けて通れないもの、その上手な付き合い方などをお話してくれました。

 

20130814C8.JPG

●なった時、そうじゃない時の感覚の違いを自分で知るために、週イチで体軸やバランス感覚の確認を行いましょう

 

 

 午後はAは休養。

 4名だけは1000mTTなどタイム計測をしました。

 競輪学校を受講する3人が試験が行われる南400バンクでタイムを計りました。

 とばっちりは岡本二菜さん、タイム計測と聞いて、ハロンを測りたいと400バンクに来たら、一緒に1000mTTをするはめになったそうです(笑)。

 

20130814C9.JPG

●「とばっちりだ、ひどーい」とか言いながらも、走る時はきちんと走っていました

 

 

 Bはパワートレーニング。ウォーミングアップ、FS100m×2回、FS200×3回×2セット、そしてクーリングダウン。

 

20130814C10.JPG

●スタンディング200m。基礎を重要視するBは、タイムのことよりフォームなどをチェックしながら走ることが重要

 

20130814C11.JPG

●スタートについてコーチがアドバイス

 

 

 Cはベロドローム見学&乗車。

 「怖―い」と言いながら乗る子もいれば、もっと上まであがりたいという子も、日本唯一の室内250mバンクを楽しんでいました。

 その後、競輪学校名物の登坂も見学しました。

 

20130814C12.JPG

●観客席から「本当に壁みたーい」と言って見ていました

 

20130814C13.JPG

●表彰台で写真撮影。モデルはちなみに今回の最年長(笑)

 

20130814C14.JPG

●皆で楽しくバンクを走行しました

 

 

 コーチ陣からの4日目総括

★Aグループの佐々木ヘッドコーチ

「今日は休養日だったけど、4名は400バンクでハロンだけじゃなく、1000mTTまでやりました。本来なら休養してていいけど、彼女たちの意気込みを見れたというのは嬉しかったですね」

★Bグループの加藤ヘッドコーチ

「高校生の方は今日は初めて後ろのギアを16から15にしました。中学生はまだムリなので変えませんでした。スタンディングにしても、だいぶ形ができてきましたね。午前中はフライングダッシュをやったんだけど、基礎の第一歩はできたかなと思います。今何をやるべきか的確に捉えて、メニューを与えてあげることが必要だと思います。今までのところは上手くいっていると思います」

★Cグループの大川ヘッドコーチ

「今日はタイムトライアルをやるので、スタンディングとフライングをやりました。午後はヴェロドロームに見学に行ったんですけど、全員が乗りたいと言ったので全員が乗って満喫しました。登坂行って、自転車がなかったので見学だけだったんですけど、登り口だけダッシュで走ったりしました。そんな感じで今日も楽しい1日でしたけど、あと2日間ですけど、楽しく過ごしてもらいたいと思います」

 

 

 

20130814C15.JPG   20130814C16.JPG

●晩御飯。メインは鯖の味噌煮

 

 

 

 初日、2日目に行った体力測定、台上装置による測定の結果を配り、その見方を田畑先生が説明してくれました。

20130814C17.JPG

●自分の数値を見ながら、先生の話を聞いていました

 

 

 4日目はどうでしたか?

◆福田礼佳さん「Aは今日はロードだけで、あとはお休みでした。ずっと寝てました(笑)」

◆満生歩夢さん「タイムで伸び悩んでいたんですけど、コーチのアドバイス通りに走ったら、2秒近く縮まりました」

◆石松栞さん「今日の午後は不調でしたね。午前は600mだったけど、午後は200mだったんで、短い距離は苦手で。しかもスタンディングでの200mは難しいですね。明日はベロドロームなんですけど、昨年は怖かったけど、今年も怖いかも(笑)」

◆寺田有希さん「記録が出ていたので、やる気になりました」

◆高木彩夢さん「今日のメニューで自分の苦手がわかったので、それを克服しようと思います」

◆吉田栞里さん「今日は疲れました。ベドロームは高いところは苦手です」

◆中本真弥さん「楽しかったのはもちろんですが、自分たちCは基礎を学んでいるので、それを活かしてスキルアップしていきたいです」

 

 

 日々、成長を見せる彼女たち。5日目も楽しみですね。

2013.08.15ガールズサマーキャンプA教場

8月12日に撮った上下死点近辺の写真です。参考に。
20130812_A_1.JPG
大久保花梨

20130812_A_2.JPG
元砂水咲美

20130812_A_4.JPG
内藤ななみ

20130812_A_5.JPG
坂本咲

20130812_A_6.JPG
鈴木奈央

20130812_A_7.JPG
八木 梓

20130812_A_8.JPG
佐藤千晶

20130812_A_9.JPG
大谷杏奈

20130812_A_10.JPG
福田礼佳

20130812_A_11.JPG
春原美季

20130812_A_12.JPG
元砂七夕美

20130812_A_13.JPG
細田愛未

20130812_A_14.JPG
日野友美

20130812_A_15.JPG
藤野百萌

20130812_A_16.JPG
今川小雪

20130812_A_17.JPG
島田優里

20130812_A_18.JPG
高橋朋恵

20130812_A_19.JPG
申し訳ありません!Aに上がってきた生徒です

2013.08.14ガールズサマーキャンプ2013  8月13日 3日目リポート

参加者たちにも少し疲れの色が出てき始める3日目ですが、皆元気に参加しています。午前中は練習しやすい曇り空だったのですが、だんだん晴れてきていつもと同じ暑い真夏日になりました。  

20130813C13.JPG

                                                                                                              

 

 

20130813C1.JPG

●朝食は7時から 皆並んで待ってます

3日目の午前のメニューは、AグループがFD200m×2回、SD、そして、再度FD200m×2回でした。

 

20130813C2.JPG

●ウォーミングアップの周回

 

20130813C3.JPG

●3人ずつのフライングダッシュ

 

 

 Bグループはポテンシャルトレーニング、ウォーミングアップ、FS100m×2回、FS400×3回×2セット、そしてクールダウンで終了。

 

20130813C4.JPG

●駆けおろしてくるところ

 

 

 Cグループはがスタンディングでのダッシュの練習をしました。

 急遽ガールズケイリンから加瀬加奈子選手、奈良岡彩子選手が飛び入り参加、見本を見せてくれたり、エールを送ってくれたりしました。

 

20130813C5.JPG

●加瀬選手、奈良岡選手の登場

 

20130813C6.JPG

●「太もも触らしてください」の図(笑)

 

20130813C7.JPG   20130813C8.JPG

●2人がスタンディングの見本を見せ、それに続く

 

 お昼休みに加瀬選手はサイン攻めにあっていました。ガールズケイリンを目指す子たちにとって加瀬選手はスーパースターなのですね! (が、そのスターは囲まれて若干照れているのが可愛いです(笑))

 

20130813C9.JPG

●ジャージにサイン。午後の練習では、加瀬選手のサイン入りジャージを着ている子が沢山いました

 

 

 昼食後には加瀬選手による交流会。「小さい競走をして負けると本当に悔しい。だから、私は徹底先行をするんだ」というのが加瀬選手らしいですね。チャレンジする気持ちを山登りに例えて、優しく説明してくれました。

 

20130813C10.JPG

●JKA石黒会長あいさつ

 

20130813C11.JPG

●日本自転車競技連盟副会長の中野浩一氏そしてナショナルチーム総監督松本整氏からも貴重な話を聞かせていただきました

 

20130813C12.JPG

●先行について熱く語る加瀬選手。キラキラと目を輝かせて聞いています

 

 午後は、AグループがST60×3回、ST200m×2回、3人制スプリント2周競走×3回。

 

20130813C14.JPG

●一糸乱れぬ周回のようす

 

20130813C15.JPG

●このクラスはセッティングチェンジも早いです

 

 

 Bグループがポテンシャルトレーニング、ウォーミングアップ、FS100m×2回、SS400×3回×2セット、クールダウン。この流れを覚えて、参加者たちも素早く、次に取り掛かるのも早いです。

 

20130813C16.JPG

●SS400mのスタートのようす

 

20130813C17.JPG

●皆でクールダウン。ゆっくりロードレーサーに乗ります

 

 

 Cグループはバンクのフライングダッシュの練習をしました。

 

20130813C18.JPG

●コーチの話を真剣に聞く

 

 

 コーチ陣からは、3日目だから見つかる課題や、上達ぶりがお話から伺えました。

 

★Aグループの佐々木ヘッドコーチ

「皆、頑張ってくれていますね。でも、3日目なんで、若干の疲れはあるかなと思います。やはり初日から飛ばす子もいますし、一生懸命頑張っていますからね。ちょうど3日目に疲れがピークになりますからね。4日目はロードでほぐして、午後は休養で、ここで調整して、残りの2日間を頑張って欲しいと思います」

★Bグループの加藤ヘッドコーチ

「乗り出して2日半、だいぶ落ち着いてきましたね。まだまだ課題はあるんですけど、計測したデータや写真を基にして、新しいことをやっていきたいなと思います。2日半のこれなら上出来だと思います。自分たちの段階は基礎的なものなので、これができないと次に進めないよということです。皆、コーチの話を集中して聞いているし、その中で自分の課題を見つけて欲しいですね」

★Cグループの大川ヘッドコーチ

「昨日は周回を中心にやったんですけど、今日はスタンディングのスキル練習とフライングの200mを駆ける練習をしました。5日目にタイムトライアルをやるつもりです。3日目にしたら、飲み込みが早くて、乗れてきたのかなと感じました。4日目はスタンディングを含めてスキルアップの練習をしていきたいと思います。そうすれば、ステップアップできて、楽しいキャンプになるんじゃないかなと思っています」

 

 また、本日はナショナルチームトライアウトも行われました。女子チームスプリントの第1走者の発掘を目的に行われました。機械を使い、スタートからの加速を計測しました。

 

20130813C19.JPG

●松本監督の説明を聞く参加者

 

20130813C20.JPG

●このように装置が並んでいる

 

20130813C21.JPG  20130813C22.JPG

●計測しているところ

20130813C23.JPG

●Cグループからも6名が参加

 

20130813C24.JPG

●本番前の練習中、装置と装置の間にいる蛇を発見した人。落ち着いて走っている証拠です

 

 余談ですが。このトライアウトには登坂の前の直線が使われたんですが、計測で走った後には登坂を登ることになります(それで途中でキャッチしてもらい、帰ってくるのです)。これでCグループから参加した子が、しかも、ピストに数えるほどしか乗ったことのない子が、ちょっと補助してもらったとはいえ、この登坂を登りきったのにはびっくりしました。

 

 

20130813C25.JPG   20130813C26.JPG

●仲間で談笑しながら、美味しく晩御飯を食べています

 

 

 3日目はどうでした?

◆島田優里さん「高校生が早いんですけど、でも、負けたくないですね。競輪学校を受験するので頑張りたいと思います」

◆鈴木保乃華さん「疲れたけど、今後の自分のためになるので、明日も頑張ります」

◆儀間光希さん「昨日の測定で、記録が上がっていたのでよかったです。でも、下の子や同級生に負けているので、負けたくないです。コーチにフォームのことなど、色んなことを教わり、ためになっています」

◆三浦涼香さん「暑いせいもあって、疲れました。でも、練習は楽しいですね」

◆神田美里さん「明日の目標は下を見ずに走ることです。見ちゃうと、コーチに注意されちゃうので気をつけます」

◆岡本二菜さん「Aは皆が強いので、ついていくのが精一杯です。でも、たくさん乗れるのでいいですね。疲れは地元の練習だともっと乗っているので大丈夫です」

◆児玉碧衣さん「初めてスタンディングの練習をしたんですけど、それを自習練でしっかり練習したいと思います。(トライアウトは)最初は緊張したけど、あとは気にしなくなりました。もっとやりたかったですね」

◆山口桃由さん「今日はフライングダッシュの練習をしました。バンクで乗ったのが、一昨年のサマーキャンプ以来なんですけど、フライングダッシュもそれ以来なんですけど、身体が覚えていました。今日はあまりタイムが良くなかったので、次はもっと頑張りたいです」

◆東口純さん「午前も午後も楽しかったです。登坂は楽しかったですね。最後ちょこっとだけ支えてもらったけど、上まで行けました。上は天国が広がってました(笑)。下ってくるのもスピードが出て楽しかったですね」

 

 と、コメントからもちょっと疲れているのが伝わってきますね。

 ご飯の後から就寝時間の10時まで、皆、お菓子を食べながら、おしゃべりタイムです。この時間が今日の疲れを癒してくれるのでしょう。

 

 ガールズサマーキャンプも折り返し地点となってしましました。残り3日もケガなく、自転車を楽しんで欲しいですね。

 

2013.08.13ガールズサマーキャンプ2013  8月12日 2日目レポート

2日目を迎えたガールズサマーキャンプ。初日よりもそよ風がある分、少しは過ごしやすい1日でした。参加者たちは今日も朝から元気いっぱい。コーチの言うことをきちんと聞き、トレーニングに励んでいました。                                                         

                                                                                               午前中のメニューは、Aグループはフライングダッシュやスタンディングの練習。

20130812C1.JPG ●フライングダッシュ

 

Bグループは体力測定など計測。

20130812C2.JPG ●垂直跳び、握力、背筋力などを計測

20130812C3.JPG ●台上装置で計測。待っている子が「それっ、それっ」と声を掛ける。

20130812C4.JPG ●結果の見せっこ。体重のところを隠すあたりが女の子らしい(笑)。

 

Cグループは周回練習でした。

20130812C5.JPG ●周回練習のようす

 

 

そして、お昼ご飯。みっちり練習していたためか、「お腹空いた~」と言いながら、食堂に来る子もいました。

 

20130812C6.JPG ●お昼は冷たいうどん等々

 

 

 練習は暑い時間を避けてということで、2時から今回のキャンプに協賛いただいている大塚製薬さんによる『スポーツ時による汗と水分補給のポイント』について講義がありました。

 

20130812C7.JPG ●講義を受けているところ

 

 

午後のメニューは、AがST×4回、FD200m×2回、FD×3000m。

20130812C8.JPG  20130812C9.JPG                                                                                                                                                                                  20130812C10.JPG                                                                                     ●3人並んでフライングダッシュ

 

 

Bグループはポテンシャルトレーニングで、充分にウォーミングアップを行い、その後にスタンディングスタートで200mを行いました。

 

20130812C11.JPG ●ウォーミングアップの周回練習

 

20130812C12.JPG ●スタンディングで200m。3人並び、時間差でスタート

 

 

そして、Cグループは体力測定など計測でした。

20130812C13.JPG ●台上装置で計測中

 

20130812C14.JPG ●なぜかエアロビでウォーミングアップ中(笑)

 

 

 2日目を終えてコーチたちからは初日よりも良くなったとのこと。

★Bグループの加藤ヘッドコーチ

「今日見た感じでは、昨日よりもリラックスして乗っていていいですね。自分で考えて乗っているし、まとまりも出てきました。明日になるともっと落ち着いてくると思うんですよ。でも、暑いのでね、慣れた時に油断したりするので、心配な面もありますけどね。けど、予定通りにきていると思います」

★Cグループの飯田コーチ

「昨日は乗ることもままならなかった初めて乗った中学生の子たちが4人いるんですけど、その子たちが普通に周回できるようになり、しかも、イエローラインまで乗れるようになったことが今日の一番の成果だと思いますね」

 

 

 トレーニングが終わって、宿舎に帰ってくると、疲れているにも係わらず「早くお風呂に入りたい」と走ってくる子も。その元気はどこにあるんでしょう(笑)。

 

20130812C15.JPG   20130812C16.JPG   20130812C17.JPG   20130812C18.JPG  

●楽しい夕食、今日はハンバーグでした

 

 

 2日目を振り返ってどうだったのでしょう?

◆春野美季さん「女子だけで練習できるのは貴重なので、楽しいですね」

◆元砂七夕美さん「女子と練習する機会がないので、楽しいです」

◆今川小雪さん「ハロンで自己ベストが出ました。競輪学校を受けるのですが、いい弾みになりますね。学校の試験まであと2ヶ月、しっかり調整して臨みたいと思います」

◆松井優佳さん「(体力測定で)拝金が上がっていたのが嬉しかったです。それ以外も皆強くなっていました」

◆細谷夢菜さん「2日目なんですけど、タイムが上がっていたので、昨年よりも強くなっていますね」

◆石松栞さん「楽しかったです。それと、周回練習が早くなってきた感じがします」

◆伊東小紅さん「自分が思っていた記録を出すことができなかったのが残念です」

◆浅田聖菜さん「普段はトラックに乗らないので、久しぶりに乗りました。自分の足らないところがわかりますね」

 

 

 やはり強くなっていることが、数字になって表われると、さらにやる気も出てきますよね。2日目も充実のひと言だったようです。

2013.08.13ガールズサマーキャンプB教場8月12日

8月12日午後のスタンディング100mダッシュの写真です。
暑い中、B教場の生徒達は頑張っていました。
 


20130812_GSC_19.JPG
谷江千歳

20130812_GSC_20.JPG
満生歩夢

20130812_GSC_21.JPG
鈴木歩乃華

20130812_GSC_22.JPG
松井優佳

20130812_GSC_23.JPG
細谷夢菜

20130812_GSC_24.JPG
石松栞

20130812_GSC_25.JPG
増渕綾乃

20130812_GSC_26.JPG
石井菜摘

20130812_GSC_27.JPG
儀間光希

20130812_GSC_28.JPG
寺田有希

20130812_GSC_29.JPG
石塚優里

20130812_GSC_30.JPG
高木彩夢

20130812_GSC_31.JPG
田村ひろみ

20130812_GSC_32.JPG
三浦涼香

20130812_GSC_33.JPG
神田美里

20130812_GSC_34.JPG
岩﨑瑶子

20130812_GSC_35.JPG
伊東小紅

20130812_GSC_36.JPG
池野ゆめこ

20130812_GSC_37.JPG
浅田聖奈

20130812_GSC_38.JPG
石井彩花

2013.08.12ガールズサマーキャンプ2013初日8月11日リポート

8月11日からガールズサマーキャンプ2013がスタートしました。総勢55名がA、B、Cの3つのクラスに別れて、16日までみっちりとトレーニングを行います。初めて参加する子達は緊張した面持ちで、競輪学校に入ってきました。

 ◆谷江千歳さん:「自分の出せる力をつけていきたいです」

 ◆牧緋莉さん:「専門的なことを覚えていきたいですね」

 ◆寺田早希さん:「楽しむことを重点におきながら頑張ります」

 ◆岡田枝里子さん:「初めての参加なので、友達を作ったり、自転車に乗って、頑張りたいと思います」

 ◆角野志帆さん:「タイムを出せるようにしたいです」

 ◆鈴木彩夏さん:「初めてなんで、たくさん学びたいです」

 ◆山口桃由さん:「トライアスロンをしているんですけど、自転車を強化できるように頑張りたいです」

 ◆藤野夏季さん:「今回、一番年上ですけど、自分よりも年下でインターハイに出ている人とかいるので、その人たちから学びたいです。あとなじみたいですね(笑)」

 と、皆さんこれから始まるサマーキャンプにワクワク

開校式では、各コーチ陣、トレーナー、スタッフの紹介などが行われました。そして、各クラスに別れ、トレーニングが開始されました。

Aグループがペダリング測定や体力測定。

Bグループはポテンシャルトレーニングで、充分にウォーミングアップを行い、その後にフライングダッシュを行いました。

Cグループは周回練習でバンクに慣れることを中心に練習を行いました。

 

各教場のコーチからのコメント

 ★A教場の佐々木ヘッドコーチ

  「今日の測定を見ていて、この子は強くなりそうだなという子も何人かいました。毎年、僕らも楽しみに来ています。何回か参加してくれている子がいますけど、その子達が強くなっているかなと楽しみにしています」

 ★B教場の加藤ヘッドコーチ

 「今日はまず初めて参加する子に緊張をほぐしてもらうのが一番ですね。でも、前回等に参加している子たちもいるので、なかなか良いムードでできていると思います・皆、一生懸命頑張っていますね」

 ★C教場の飯田コーチ

「技術的に、乗るのがままならない子がいたり、ばらつきがあって、そこが少し難しいですね。でも、自分たちにも新しい勉強になりますね」

 

 

 ◆大久保花梨さん:「初日からいい経験ができました」

 ◆元砂水咲美さん:「久しぶりに測定をしました。体力的には今日は大丈夫だったけど、明日からは気をつけたいと思います」

 ◆八木梓さん:「皆強くて刺激を受けますね」

 ◆藤野百萌さん:「測定の結果が昨年よりも上がっていました! 今日は室内で涼しかったけど、明日からは暑いと思うので、身体に注意していきたいです」

 ◆高橋朋恵さん:「今回のAでは年上の方ですけど、同い年の友達も出来たし、競輪学校を受ける目標が同じなので、一緒に頑張りたいです」

 ◆増渕綾乃さん:「いつもはロードなんで、ピストに乗ったのは一年ぶりで、久しぶりでした。身体の使い方が違うんですけど、ちょっと忘れてますね」

 ◆石塚優里さん:「いつもは宇都宮で500バンクなので、400バンクは乗ったことがなかったので、ちょっと感覚が違いますね。目標はAに上がることなんですけど、Bの皆強い人が多いので追いつきたいです」

 ◆池田ゆめこさん:「目標はAに上がることですが、Bの皆もすごいので、Aに上がるには相当の覚悟がいるなと思いました」

 ◆石井彩花さん:「初日は暑くて体調を壊してしまったので、明日からは水分をきちんと取って頑張りたいと思います」

 ◆高岩岬さん:「初めて乗ったんですけど、練習したら乗れるようになりました。でも、まだちょっと怖かったですけど(笑)」

 ◆中本真也さん:「とても楽しかったです」

 ◆高橋智香さん:「楽しかったです。明日も頑張ります」

 と初日を終えた参加者たちも、それぞれの目標を立てたり、初めての参加者は仲間ができたりと初日から充実していたようです。

 

 

20130811C1.JPG   20130811C2.JPG         

▼受付に並ぶ参加者たち             ▼まだ始まる前で、余裕の表情

 

20130811C4.JPG   

▼入校式のようす

20130811C5.JPG   20130811C7.JPG   

▼Aグループ 測定のようす           ▼Aグループ 台上装置でもがく

 

 

20130811C8.JPG   20130811C9.JPG

▼Bグループ まずはストレッチ         ▼Bグループ ウォーミングアップの周回練習

 

20130811C10.JPG   

▼Bグループ フライングダッシュ

 

20130811C11.JPG   20130811C12.JPG

▼Cグループ 周回練習             ▼初めての子は先生が伴走

 

20130811C13.JPG   20130811C14.JPG 

▼晩御飯。食事の前は必ず手を洗う      ▼本日はカレーライス、ご飯をよそう

 

20130811C15.JPG   20130811C16.JPG

▼美味しそうに食べています         

 

20130811C18.JPG

▼おまけ。参加者にはクロックスが提供されたのですが、その飾りの吟味している模様(笑)

 

 

 

2013.07.26ガールズサマーキャンプ2013の参加者が決定いたしました

今年のガールズサマーキャンプ2013の参加者(55名)が決定致しました。

A・B・Cの3つのグループに分け、キャンプが行われます。

参加者リストはこちらからご確認ください。

» ガールズサマーキャンプ2013参加者リスト.pdf

2013.06.262012年の合宿リポートはこちらからご覧ください

お問い合わせ

お手紙でのお問い合わせ 〒410-2402 静岡県伊豆市大野1827
ガールズサマーキャンプ2019 事務局
電話によるお問い合わせ等 TEL:090-1268-3181
メールによるお問い合わせ camp2019@girlskeirin.com もしくは右記よりお問い合わせ下さい
主催 公益財団法人 JKA、公益財団法人日本自転車競技連盟(JCF)
協力 一般財団法人 日本サイクルスポーツセンター、日本競輪選手養成所(JIK)

フォームからお問い合わせの方はこちら

お返事までにお時間を頂く場合がございます。
予めご了承下さい。